小皿/小鉢

2011年1月26日 (水)

カルシウム

Photo

急に食べたくなって、

アジぶしで、こんなの作ってみました。

あら。。

もしかして自分は、カルシウム不足でしょうか。

そういえば、最近すごくヨーグルトを食べます。

いつもは他人に、

「熱あるんじゃないの?」「具合悪そうだけど?」 等々言われるまで

自分の体調の変化に気がつかない人間なのですが、

私も大人になりましたねぇ。。

(いや、まさか成長期?)

少しの間、主にこちらを更新します。

そもそも最近こちらのブログは更新していないのですが~snailのたのた

| | コメント (6)

2009年2月 9日 (月)

ジャンク・フード

Photo_3

じゃがバタたらこ。。

字面はまるで居酒屋メニュー。

ジャンク・フード最高!

タラコはあえて彩度の高いやつで!!

ちなみに、新じゃがより冬越しじゃが派です。

| | コメント (4)

2008年11月16日 (日)

南瓜ぷりん

Photo_3

お久しぶりです。

いつの間にか今年も残すところ、一ヶ月半となりました。

そろそろ冬至ですね。

南瓜が大好きな大将のために、南瓜ぷりんを作りました。

大きいぷりん型がないので(欲し~い)、

径16センチのケーキ型でチャレンジ!!

大きいので、無事に型から外れるか心配でしたが、

ズ、ドドド、バッという大きい音とともに外れた!!

、、のも束の間、自重に耐えられず、一部崩壊。。

なぜぷりんの形が台形なのか、学習しました。。

****

崩れたのもお構いなし、4人でパクパク食べたのですが、、

さすがに多い!!

甘党男子が「さすがに多いな(喜)。。5人前ぐらいじゃない?」と言っておりましたが、私めの調べによりますと、

型の容量は約800cc、一般的濃厚系ぷりんの量約80cc、つまり10人前でございます。

崩壊前の雄姿、決定的瞬間。

| | コメント (6)

2008年2月22日 (金)

ばあちゃんち

Photo_2 豚肉と、糸蒟とネギの炊いたん、さといも、人参の胡麻味噌和え。これに豆腐の味噌汁。

やたらのんびりした夕ごはんのにおい。

そういえばうちは実家より実家っぽいなぁ。

遊びに来た友人が、

あ~。。ばあちゃんちに来たみたい、と言います。

ゆっくりしていき~、

ぽたぽた焼きでも食べな~、

でもこづかいは出ないよ!

| | コメント (6)

2007年12月31日 (月)

復旧

Vfsh0024お久しぶりです。

師走に、パソコンが全壊しました。。

師走に、あわてて師走の電気店(ヒ~)をまわって、

なんとかPCを購入。。

通信手段断絶のため、

一部の皆様には特に大変ご迷惑をおかけしました。

昨夜から相方が、おせちに取り掛かっております。

肩身が狭いので、きんとんは作りました。(←かえって邪魔)

皆様と楽しく交流させて頂き、また、学ぶところも多い一年でした。

PCも新調し、来年はブログその他を充実させていく予定です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さんよいお年を。。

パピコ

写真:うすあかり青釉皿でりんごきんとん

りんごきんとん、酸味がおいしかったです。レシピはこちらを頂戴しました。

| | コメント (10)

2007年2月17日 (土)

りんごのケーキ

Photo_318お土産用にりんごのケーキを焼きました。→接写画

相方がお菓子の本を買ってくれたので、ちょくちょく作っています。お菓子の本は初めて持ったのですが、絵本をみているみたいで楽しいです。夜、お布団の中でも読んでる私。

ファッジやマジパン、レモンクリームにシュトーレン、作ったことのないお菓子がたくさん!

この本を、時間をかけてコンプリートしてみようと思っています。それって楽しいと思いません?

今回作ったケーキの生地は外側がクッキーのようにカリッと、中はスフレのようにふんわり、しっとり。。

評判も良かったし、今度は大判のグラタン皿で薄めにたっぷり焼いてみようかな~と調子に乗っています。(おデブへの道)

Photo_321グラタン皿でりんごのケーキ。

器は緑釉線文皿。ああ~この器ばっかり使っちゃう~

はまっているお菓子の本はこちら。→コーヒータイムのお菓子

| | コメント (4)

2007年1月10日 (水)

お礼申し上げます

Soufu東京池袋の展覧会に来てくださったみなさん、

ブログを見て来てくれた方、実際に買ってくださった方、

本当にありがとうございました。

実際にみなさんにお会いできて、

もっともっと良いものをお渡ししたい、作りたい、という気持ちでいっぱいです。

(パピコは梱包を頑張る所存でいっぱいです。)

実際に手にとって頂いた皆さんに、本音の、厳しいご意見を頂ければ、幸いと思っております。

これからもよろしくお願い致します。

また、グラタン皿を台所手帳さんでご紹介いただきました。

ありがとうございます。

2007年1月9日  パピコ相方、パピコ

写真:「グラタン皿で鉄板焼きパン、貼花文皿」 レシピは門倉多仁亜先生の「コーヒータイムのお菓子」より。ドイツのお菓子は初めてつくりました!甘酸っぱくてくせになる味です。

追伸: グラタン皿を買ってくださったみなさんへ

案内に書けばよかった!と思ったことがあったので、ここでお知らせさせてください。

土物のグラタン皿なので、磁器や金属のグラタン皿とは使い勝手が一味違います。ぜひ器を余熱してみてください(やけど注意!)。

焼け方や焼き上がりも楽しんでいただければ幸いです。

| | コメント (4)

2007年1月 7日 (日)

今年もよろしくお願いします

Photo_276あけましておめでとうございます!

年始、何処かの調子が悪くてアップがなかなか出来ませんでした。

遅ればせながら、ご挨拶申し上げます。

ちなみに今年の年賀状のテーマは”色っぽい猪”です。

みなさま、楽しいお正月を満喫されたことと思います。

私は久しぶりにお花を生けたり、ちょっと小旅行したり、祖母のお餅をのどに詰まらせて悶絶したりしていました。

もちをのどに詰まらせると相当苦しいです。詰まる、というより咽頭に張り付く感じです。

ちょっとした恐怖を味わった私ですが、

懲りずに、まだお餅を食べております。命がけ。もっふもっふ。

Photo_272 写真は相方の友人作の「豆もち」

「作」といっても、材料であるもち米や大豆から作ってる正真正銘の手造り。新潟県で新規就農し、お米や大豆や野菜を作っているそうです。

この豆餅、と~ってもおいしいです。

お餅と豆の分量もいいのですが、豆の味がしっっかり、、お餅もホント美味しい。

さらに、何が素晴らしいって、去年より美味しくなっていること。もう来年のお正月が楽しみです。モフッ

私の中でトップ独走中のおもち、豆は「さとういらず」という品種だそうです。おまけで頂いた炒り大豆(これがまた泣かせる。。)を追加注文する予定。まだあるかなぁ。。

年始の挨拶のつもりが、もち大好きトークに。。。

。。今年もよろしくお願いもうしあげます。

追伸:Photo_273

年末に相方のおせちを載せたので、

母のおせちを。。

「この写真のほかにも料理あるよ!!(by母)」

と、お断りしておきます。。

あ、昆布巻きと黒豆おいしかったです。

写真上「緑釉線文の小鉢で豆餅」

写真下 母のおせち。ちなみに煮しめの器が相方作です。

| | コメント (4)

2006年10月10日 (火)

母の梅干

Photo_220母が梅干をくれました。

今年初めて梅干作りに挑戦した母。

水があがってきたとか、今日干したとか、ずっと聞いていたので、内心とても楽しみにしていました。

そしてついに。

ほほ~、これが母の梅干ですか。いい響きではないですか。

いただきま。。。

! しょっぱ!スッパ!

昨今の甘い梅干に慣れている私、ひとくちで行ってしまいました。

かき氷のような衝撃波。キーン。

今年減塩で作ったら、しょっぱく出来ちゃった~、という意味不明な母の言葉が脳裏によみがえります。

このときはノックアウトされましたが、ご飯に載せてたべると、いけます。

塩辛いけど梅の味がしっかりあって、昔の梅干ってこういう味だったよなぁ、と思いました。

一つでご飯2杯ペロリいってしまいます。塩辛いからだけど(笑)。

ひと瓶すぐに食べてしまったので、追加でもらうことにしました。

Photo_221海苔ととても良く合うので、最近の朝ごはんは梅おにぎり。

ただし、梅は外づけです。

塩辛いので、チビチビかじりながら(笑)。

緑釉腺文皿で梅とおにぎり

追記:減塩しても塩辛かったのは、完熟の梅で作ったから、と想定されます。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

焼き鯖にトロロ

Photo_211先日、相方が秋刀魚にトロロをかけて、

焼き鯖にはトロロ合うんだけどなぁ。。

と、残念そう。

鯖にトロロねぇ。。

最近秋刀魚ばっかり食べてるしね。

半信半疑ながら、鯖を焼いて、トロロも卸しておきました。

鯖に、酢を入れたトロロ。

うん。なるほど。わかる、わかる。おいしいね。

けど、お醤油もかけたほうがいいんじゃない?

すると相方は残念そうに、

塩鯖が合うんだよ。残念~。

。。。

うも~、最初に言ってよ。塩鯖の方が簡単だし、安いのに。

Photo_210相方は長くまかないを担当しているので、料理がとても上手です。

NHKの、「今日の料理」がバイブル。

はっきりいって、腕はかないません。

焼き茄子を焼くときは、首のところにぐるり切れ込みを入れるといい、 

なんて教えてくれます。

まるで、オフクロさん。

緑釉刷毛目皿で焼き鯖にトロロ

緑釉線文の小鉢で焼き茄子

※茄子にぐるりの切り込み:竹串でプツプツ穴をあけるより、早く焼けるし、焼けた後で皮が剥きやすいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)